ニュースチャンプルー

佐藤健の理想の俳優像とは?ドラマ・映画の出演経歴まとめ!

Pocket
LINEで送る



佐藤健が4月からスタートする日曜劇場「天皇の料理番」(TBS系)で、主演の役作りのために丸刈り頭になっていることが話題になっている。

佐藤健の役作りのためのストイックさは売れっ子俳優になっても健在なようだ。

プロフィール


佐藤健

佐藤健
生年月日:1989年3月21日
出身:埼玉県
血液型:A型
所属:アミューズ




現在26歳になる佐藤健は、高校生の時に、初めて行った原宿でスカウトされた。

数々の人気ドラマや映画に出演する実力派俳優。
また、イケメンという事で写真集も出版しており、その他CMやPV出演などマルチに活躍している。


スポンサーリンク


ドラマ・映画の経歴


2006年に深夜ドラマの「プリンセスプリンセスD」でデビュー。
「プリンセスプリンセスD」では準主役で女装をして姫役を演じる河野亨役として出演している。

その後、2007年の1月から放送された「仮面ライダー電王」で史上最弱のライダー、主役の野上良太郎役を演じ、同年に「仮面ライダー電王俺、誕生!」映画初主演、映画デビューを果たした。

特技はブレイクダンスで、仮面ライダー電王の中で出てくる紫色の憑依イマジン、リュウタロスが憑依した際に踊るシーンがあるが、自身で演じている。

仮面ライダー電王が終了した後、NHK大河ドラマの「龍馬伝」で岡田以蔵役として出演、これが時代劇初挑戦となる。

おなじく2010年に、同じ事務所に所属している三浦春馬と共演した「ブラッディ・マンデイ」に出演。
さらに、「ブラッディ・マンデイ」で共演した三浦春馬との共同企画作品のDVD「HT~N.Y.の中心で、鍋をつつく~」を発売した。

本作が同年の3月1日付のDVDオリコン売上ランキングでアイドル・イメージ作品部門では男性俳優の歴代最高の5位を記録する。

佐藤健の活躍は、ドラマや映画だけではなく、2012年には舞台「ロミオとジュリエット」でロミオ役を演じている。

同年8月には、映画「るろうに剣心」で主役の緋村剣心役として出演。

ブレイクダンスで鍛えられた運動神経は、るろうに剣心の中で行われているアクションシーンでも活かされているようだ。

理想の俳優像

ドラマ「ROOKIES」では、ドレッドヘアーが特徴の岡田優也役を演じるに当たり、自身の髪の毛を伸ばし、カツラではなく地毛でドレッドヘアーにするなど、役に合わせて髪型も変えるなどしている。

今回の「天皇の料理番」でも、ファンには驚きの丸刈りを披露しているが、佐藤健の理想の俳優像として様々な役を演じるにあたり、何色にでもすぐになれるのが理想、と答えている。

イケメンとしても人気が高いが、役の為に自身の外見を変えるのは、まさに役者魂を感じる。

今後も様々な役柄に挑戦し、型にはまらない俳優を目指してほしいと思う。

佐藤健 丸刈り

ちなみに佐藤健は、2007年に左自然気胸を患い、休養をしていたが、現在は治癒している。

実家にはこちろーとぷちろーと言う名前の猫を2匹飼っていて、以前まであったブログにも度々登場しているようだ。



スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。