ニュースチャンプルー

マツコロイドの新番組が開始!等身大アンドロイドの製作者や値段は?

Pocket
LINEで送る



マツコ・デラックスとマツコロイドの新番組が4月4日、ついに始まる。

とうとうテレビ番組がアンドロイド化される時代になってしまったのかと思わせるくらい、精巧に作られたマツコロイドは、人気番組「月曜から夜更かし」という番組で登場して以来、話題となっている。

4月4日23時から放送される新番組「マツコとマツコ」の具体的な内容は、まだ決まっておらずアンドロイドを使って新たにできることを見つけていく進化型のバラエティーとしてスタートしていくようだ。



マツコロイドの製作者は、石黒浩というロボット工学を研究している大学教授。

これだけ精巧なアンドロイドを作る技術力に注目が集まっている。


スポンサーリンク


プロフィール

石黒浩(いしぐろ ひろし)

石黒浩

生年月日:1963年10月23日
出身:滋賀県
ロボット工学者、大阪大学教授






石黒浩のその他プロフィールはこちら



製作費・値段が気になる


昨年末に放送された「月曜から夜ふかし」で初登場した際、関ジャニ∞村上が思わず「気持ち悪い」とコメントしてしまうほど似ているマツコロイド。

これだけ素晴らしい技術の為、相当な製作費がかかっていると考えられる。

番組内でも村上による値段の予想当てのやり取りがあったが、はじめ数百万と答え、次に2000万円と答えた後、話を濁して終わってしまった。

実際のところは分からないが、番組制作費と大学研究費などから1000万円が妥当ではないかと噂されているようだ。


まだアンドロイドの実用化という面でも研究途中であるが、将来的には必ずアンドロイドが活躍する場がもっと増えてくるはずである。

そのためには、いったいどれだけの研究費が必要なのか、我々には想像に難しい。


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。