ニュースチャンプルー

口内炎には種類がある!?恐ろしい病気の可能性も!原因と対策は?

Pocket
LINEで送る



不意にできてしまう口内炎

食べ物がしみたり、歯が当たって痛かったりと憂鬱になりますよね。


そんな口内炎のできる原因や対処法、予防法をご紹介します。



スポンサーリンク



口内炎には種類がある


口内炎と言ってもいろいろな種類があります。

原因がはっきりしないものとウィルス、細菌などの原因がはっきりしたものがあります。


一口で言ってしまうと 頬の内側 、歯茎、 唇の裏側におこる炎症の総称を口内炎としていますが ざっくり分けて6種類に分けられます。



一番多く見られるのは、アフタ性口内炎

白い小さな潰瘍で縁が赤くなります。



カタル性口内炎

赤くはれなり白くただれたりしますが 潰瘍はできず、 普通の所との境界線がはっきりしないのが特徴です。



ウイルス性口内炎

口唇ヘルペス、 ノロウイルスの原因でなります。
水ぶくれができてただれたり潰瘍ができます。



ガンジダ症 口内炎

カビの一種のカンジダ菌が増えることにより起こります。白くびっしりと苔がはえたようになります。



アレルギー性口内炎

飲んでいる薬や義歯による金属や食べ物でおこります。



ニコチン性口内炎

タバコのニコチンが原因です。
上あごが白くなり赤い点が散在します。


口内炎3


口内炎の原因


でもそもそもなぜなるのでしょう?


主な原因はビタミン不足、特にビタミンB群が不足しているためといわれますが、不足したからといって即なるわけではありません。

そこに+αの要因として睡眠不足、 疲労、 ストレス、内臓疾患などが重なって発症します。



口内炎の予防法は?


予防法としてはなる可能性のある原因を取り除いてやることです。


つまりビタミンを意識して偏食しないでバランスのとれた食事を心がけましょう。

睡眠はたっぷりと取りましょう。

ストレスをためないように運動を心がける。


水分をこまめに取り口の中を乾燥させないようにしましょう。



できてしまった場合の対処


と言っても できるときにはできてしまうから困ったもの。

できてしまったら一刻も早く直したいですよね。

そんな時には下記の対処法を試してみてください。


イソジンのうがい薬やマウスウォッシュなどの口内洗浄剤を使い念入りにうがいをします。

あまり使いすぎると 常在菌まで殺菌してしまうので、1日5~6回までにしましょう。


口内炎2


市販の口内治療薬を使う

塗り薬 、塗り薬などいろいろ出ています。

自分にぴったりのものを探してみてはいかがでしょうか。


思い切って レーザー治療をする。

口腔外科や歯科で治療を受けられますがレーザーの機械をおいているかどうか事前に問い合わせをしてください。

大体500円から3000円くらいで治療が受けられます。


でも何度も口内炎を繰り返す場合は、ベーチェット病や1ヶ所にいくつもまとまってできる場合は白血病、舌がんなどの可能性もあります。

どうせ口内炎だから とほっておいては危険です。


3週間たっても治らない場合は、口腔外科や歯科を受診しましょう。




スポンサーリンク




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。