ニュースチャンプルー

キッズコーディネーショントレーナーとは?子供の能力アップの新たな資格が注目!

Pocket
LINEで送る



小島よしおさんが運動神経を良くするライブを目指すとして、昨年取得したキッズコーディネーショントレーナー

子供についての資格ということで幼稚園の先生や保育士さん、スポーツ指導者の方が取得しているものだそうです。

子供に関わる仕事をしている方だけでなく、子供のいるお父さん・お母さんにも役立ちそうなこの資格。

いったいどんな資格なのでしょうか。



スポンサーリンク



キッズコーディネーショントレーナーとは?


あまり聞きなれない資格ですよね。

キッズコーディネーショントレーナーはNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が認定している資格です。

コーディネーションとは平たく言えば「運動神経」のこと。


スポーツトレーナーのこと?と思うかもしれませんが、この資格で目指しているのは子供にただスポーツの指導ができる人物ではありません。


運動ができる人って、なんでもできるイメージがありませんか?小学生の時は運動ができるだけでヒーローになれましたが、社会人になってから出会う人でも、仕事ができたり人望があったりする人が学生時代に何か部活をしていた、というのはよく聞く話ですね。

あなたにも思いつく人物がいるのでは。

コーディネーション力はリズム能力、バランス能力、反応能力、識別能力といった能力を総合したもの

コーディネーション力が高ければコミュニケーション力や学習能力も高くなると考えられます。

子供のコーディネーション力を高めてあげるのがキッズコーディネーショントレーナーの役割です。



コーディネーション力を伸ばすゴールデンエイジ


コーディネーション力が発達するのは、およそ5歳~12歳と言われています。

小学生の間くらいになりますね。

更に細かく分けると、5歳から8歳までが「プレゴールデンエイジ」、9歳から12歳までが「ゴールデンエイジ」。


プレゴールデンエイジは神経系が人生で一番発達し、ゴールデンエイジはその期間に身に着けた能力に磨きがかけられると言われています。

この期間にどれだけ多くの動きを経験したかがその後の成長に重要。

子供がいる親御さんにとっても注目したい情報ですね。



資格を取得するには?


NESTAの主催する講座を受講する必要があります。

講習は計16時間。

2日に分け、コーディネーショントレーニングの基礎やスポーツ医学、コーチング、発達心理学といった内容を学びます。

開催地は東京、名古屋、大阪の3都市。受講料は63,000円(一般。NESTA会員は59,000円)。


詳細はNESTAのホームページで確認してみてください。




【おすすめ記事】
呆活が現代社会のストレスを解消-仕事能率アップ!そのやり方とは?
個人の遺伝子に合わせた治療と発病リスクを抑えるテーラーメイド医療-日本における課題と薬剤師への期待とは-




スポンサーリンク





Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。