ニュースチャンプルー

トウモロコシのカロリーや栄養素は?美味しい見分け方とレシピ紹介!

Pocket
LINEで送る


バーベキューでもおなじみ、トウモロコシ

焼いても茹でてもおいしく、鮮やかな黄色が食欲をそそりますね。

そんなトウモロコシ見分け方、レシピをご紹介します。



スポンサーリンク


トウモロコシの旬は?買う時の見分け方は?


トウモロコシは夏野菜。

6月~9月に旬を迎えます。


購入する際は皮付きを。皮は水分が逃げてしまうのを防ぎ、鮮度を保ってくれます。


買ってすぐ食べるのが理想ですが、冷蔵庫保存する際は皮付きのままにしておきましょう。

甘くて鮮度の高いトウモロコシを見分ける際のポイントは以下の通りです。

☆皮は濃い緑色のもの
☆お尻の切り口が白っぽいもの(黒っぽいものは収穫から時間が経っている)
☆実の色が薄いもの(濃いものは成熟しすぎている)


トウモロコシ


トウモロコシの主成分は炭水化物-気になるカロリーは?


茹でると甘いトウモロコシ。

その主成分は炭水化物(糖分)です。


となると気になるのはカロリーですね。

トウモロコシのカロリーは100gで100kcal程度。

同じ重さで、サツマイモなら134kcal、白米は168kcal。

炭水化物を主とする他の食材に比べるとヘルシーと言えますね。


トウモロコシはビタミンB・E、リノール酸も豊富


トウモロコシにはビタミンB1が含まれていますが、これは糖分がエネルギーになるのを助ける栄養素。


主成分である炭水化物を効率よくエネルギーにできます。


また、トウモロコシの胚芽(粒の付け根)にはコレステロール値を下げる働きのある必須脂肪酸・リノール酸が豊富。
皮の部分には食物繊維が含まれており、便秘解消にも役立ちます。

一粒一粒を無駄にせず頂きましょう。



トウモロコシのおいしい茹で方!


焼いてもおいしいトウモロコシですが、茹でたものは絶品。

簡単においしく食べられる茹で方をご紹介します!


お鍋で茹でるなら




レンジでも茹でトウモロコシが作れます!





皮のままレンジでもOKですが、虫が葉の中に混じっていることもあるのだとか。



まだまだある!おいしいトウモロコシレシピ



冷製コーンスープ

コーンスープ

コーンスープの優しい甘味。冷製スープはこの季節にぴったりですね。


トウモロコシの炊き込みご飯

トウモロコシの炊き込みごはん

見た目にも鮮やか。バター醤油とコーンが相性抜群です!


トウモロコシの天ぷら

トウモロコシの天ぷら-COOKPAD

シンプルですが粒感がとってもおいしい!おつまみにもどうぞ。




【おすすめ記事】
ゴーヤの栄養素を活かせる食べ合わせとレシピ!NGな食材は?
新玉ねぎの保存方法は?冷蔵庫はNG?時期と美味しい食べ方は?
春キャベツの時期と特徴は?栄養を無駄なく取るレシピと食べ合わせ!




スポンサーリンク




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。