ニュースチャンプルー

「37.5℃の涙」がドラマ化で原作漫画も連載再開!感動の名作-主役は蓮佛美沙子!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]



7月9日(木)夜9時からスタートした『37.5℃の涙』


蓮佛美沙子さんの連続ドラマ初主演でも話題となっているドラマですが、内容は働くお母さんにとって重要な問題である「病児保育」。

原作の評価も高いこのドラマ。

ストーリーやキャストをご紹介します。


スポンサーリンク


ストーリー・あらすじ


主人公、杉崎桃子(蓮佛美沙子)はうまく笑えないことで1年で契約を打ち切りになってしまった元保育士。

そんな彼女を拾ってくれたのは、訪問型病児保育「リトルスノー」でした。

病児保育とは、発熱により保育園に預けることのできない子供の世話をすること。

桃子は病児保育士として再出発を切ります。

病児保育を利用する保護者と子供は一癖あり。

自分はパリッとしたスーツを着ていても家の掃除や子供の身だしなみはおろそかなシングルマザー。

1週間前に母親が出て行ってしまい、無愛想な父とママを恋しがる子供…。

上司や先輩に諭されながら、桃子は試行錯誤しながら病児保育士として仕事をしていくことになるのでした。


37.5℃の涙1


キャスト


主人公の杉崎桃子に連続ドラマ初主演の蓮佛美沙子さん。

蓮佛美沙子

今回の役には長かった髪を30センチ以上切って臨みます。

ショートカットだとかなり印象が違いますね。

落ち着いて見えますが、実はまだ24歳。


蓮佛美沙子の性格-実家は厳しい家庭だった!?蓮佛杏沙子は妹?


映画『時をかける少女』などの監督を務めた大林宣彦さんから「20年に1人の逸材ですよ」と言われたという蓮佛美沙子さんの初主演は必見ですね。


その他、主人公の勤める会社の社長・柳主税に藤木直人さん、上司・朝比奈元春に成宮寛貴さん、利用者である保護者の父親役に速水もこみちさんとイケメン俳優さんが多いのもみどころ!

父親役として出演する彼らですが、主人公との恋愛なども描かれるのでしょうか?!





原作は椎名チカさん作のマンガ『37.5℃の涙』


今回のドラマはCheese!(小学館)で連載されているマンガが原作


タイトルの「37.5℃」とは、保育園に預けられる子供の体温のボーダーラインです。

働く親にとって子供が保育園に預けられないことは重要な問題。

そんな時手助けをするのが病児保育士たち。


病児保育を通した親子の問題、主人公の桃子の葛藤を描きます。

原作は現在1~4巻まで発売中。

3巻で一度最終回を迎えましたが、ドラマ化決定と同時に連載復活しています。


37.5℃の涙 全巻セット(1巻~4巻) 椎名チカ 小学館

価格:1,852円
(2015/7/16 17:43時点)



「リアル」「泣いた」「多くの人に見てもらいたい」と好評な原作。


ドラマも保育園に通わせながら働く親たちにとって、またそんな人の身近にいる方にとって励みになるようなドラマになるでしょうか。これからの放送に期待ですね。



【おすすめ記事】
実写「ど根性ガエル」ピョン吉の声は満島ひかり-他キャストや設定は?
リスクの神様の原作-脚本は?堤真一が16年ぶりに社会派ドラマ主演!
表参道高校合唱部の原作や口コミ・前評判!キャストは次世代スター!




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。