ニュースチャンプルー

リスクの神様の原作-脚本は?堤真一が16年ぶりに社会派ドラマ主演!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
[`buzzurl` not found]



7月8日(水)22:00スタートの新ドラマ、「リスクの神様」。

企業の危機管理課を舞台とする社会派ドラマです。

初回は15分拡大で放送。


堤真一さんが16年ぶりに主演することでも話題のドラマ。

その中身をご紹介します!


スポンサーリンク


ストーリー・あらすじ


主人公西行寺智(堤真一)は、かつてアメリカのGE社や政府関連の危機管理に携わり実績を上げ、”God of risk”(リスクの神様)とも呼ばれる危機管理の専門家。

彼はその実力を買われ、日本最大の商社「サンライズ物産」の危機対策室長に迎え入れられることに。

そのため久しぶりに帰国するところからストーリーは始まります。

その頃サンライズ物産は新素材を使った次世代型バッテリー「LIFE」を開発し世界中の注目を集めているところでした。

開発責任者は神狩かおり(戸田恵梨香)。東大卒の帰国子女でバリバリのキャリアウーマンです。

しかしそんな「LIFE」で発火、子供のやけどというトラブルが。

リコール問題になったことから、かおりは西行寺とともに働くことになります。

伝説の危機管理専門家と、出世街道から外れることになったエリート女性。二人はどうかかわっていくことになるのでしょうか。





「リスクの神様」の原作はある?脚本家は?


今回のドラマに原作はなく、脚本家の橋本裕志さんによるオリジナルです。

橋本裕志さんはこれまで「官僚たちの夏」「華麗なる一族」「運命の人」といった作品を手掛けてきました。

重厚なドラマ作りが得意なようです。

今回は企業のリスク管理ということで、時代を読んだドラマになりそう。

サラリーマンにとって参考になるようなシーンもあるかもしれませんね。



リスクの神様のメインキャスト


西行寺智:堤真一

堤真一












ドラマに限らず映画・舞台と多数の実績のある、言わずと知れた大物俳優。
連続ドラマ主演は1999年の『ザ・ドクター』から16年ぶりです。
真面目な男性からひょうきんな役柄までこなす堤真一さんですが、今回は唯我独尊・マイペースな危機管理専門家。
きっと今回も素晴らしい演技を見せてくれるでしょう!


神狩かおり:戸田恵梨香

戸田恵梨香











女優として着実な実績を積んでいる戸田恵梨香さん。
今回の役柄は東大卒の帰国子女というエリート女性です。
これまでの彼女にはないキャラクターですね。
戸田恵梨香さんの新たな一面に期待です!
戸田恵梨香が歯茎を手術で治したとの噂を検証!?手術方法は?

その他、連続ドラマ出演は大河ドラマから3年ぶりになる森田剛さん、古田新太さん、小日向文世さんなど豪華キャストのリスクの神様

社会派ドラマということで、「半沢直樹」のような大ヒットとなるでしょうか!?




【おすすめ記事】
月9「恋仲」のロケ地-富山の次は横浜の商店街?桑村さや香の脚本も期待集まる!
表参道高校合唱部の原作や口コミ・前評判!キャストは次世代スター!
エイジハラスメントのキャストや主題歌は?武井咲が痛快ドラマに!




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。