ニュースチャンプルー

寒暖差アレルギーの症状やなりやすい人は?原因は自律神経-対策必須-

Pocket
LINEで送る



寒暖差アレルギーってご存知でしょうか。

季節の変わり目などに発症しやすいアレルギーですが、他のアレルギーと区別しづらいため、なにかと厄介。

しっかり意識して対策しましょう。


スポンサーリンク


寒暖差アレルギーとは


寒暖差アレルギーの正式名称は「血管運動性鼻炎」といいますが、冬の終わりから春にかけての差がはげしくなる時期に体調不良になることを寒暖差アレルギーといいます。


アレルギーというと花粉やハウスダストなどは直接の原因がありますが 、この寒暖差アレルギーは原因が見つかりません。

普通は気温に合わせて体温を調整しますが、体温を調整する自律神経の乱れにより起こります。


この季節に、風邪でもないのに鼻水や頭痛がしたり、皮膚がかゆくなったり体のどこに出るかによって症状が変わってきます。

皮膚がかゆくなったり蕁麻疹(じんましん)が出たという場合は皮膚に症状が現れたということですし食欲不振、イライラ、不眠など精神面に症状がでることもあります。


なりやすい人は?症状は?


なりやすい人は一般的に 成人女性と言われています。
冷え性になりやすく 冷え性から自律神経の働きが乱れ発症します。

しかし、先ほども述べたように、この寒暖差アレルギーは原因が見つかりません。

風邪か 花粉症か 寒暖差アレルギーか似た症状なのでなかなか見分けがつきにくいです。


判断の目安として目がかゆくて充血したら 花粉症、鼻水が透明または熱が出なければ寒暖差アレルギーの可能性が高いとされてます。

しかし、これも個人によって違いますので一度受診することをおすすめします。


寒暖差アレルギーの予防方法は?


少し厄介な寒暖差アレルギーですが、予防方法はあるのでしょうか。

もともとアレルギーの原因が存在しませんので 薬で治すことが出来ません。

自律神経を整えること、温度差のない生活をすること。

こまめに服を着たり脱いだり寒暖差を感じないようにしましょう。

汗をかいたらすぐに着替えて体の熱が奪われないようにしましょう。


そして常にリラックスすることも心がけましょう。

半身浴もいいですね。


また手首には寒暖差アレルギーと関係するツボがあるので手首を冷さないようにすることも効果的です。

筋トレをして筋肉をつけ体の発熱機能を高め、香辛料など体を温める食材を意識してとりましょう。

でも予防していても寒暖差アレルギーを発症し、くしゃみ、鼻水などの鼻の症状が強い場合には粘膜を焼灼するレーザー手術や凝固手術が効果的な場合もあります

温度変化などの刺激が神経に伝わりにくくなるため症状が軽減します。


でもできれば手術は避けたいですね。

毎日の小さな心がけで寒暖差アレルギーにならないよう頑張りましょう。




【おすすめ記事】
梅シロップの効果と保存方法は?オリジナルレシピで夏バテ対策!
グリーンスムージーのレシピや効果的な飲み方、果物と野菜の相性は?
インナードライ肌の改善方法はスキンケアの成分と時間が重要!




スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。