ニュースチャンプルー

土用の丑の日-2015年夏はいつ?鰻を食べるようになったのはなぜ?

Pocket
LINEで送る



土用の丑の日2015年、夏の土用の丑の日は 7月24日と8月5日です。

今年は2回ありうなぎが2回食べられるというわけです。


夏のと書きましたが、有名なのは夏ですが、実は季節ごと春 夏 秋 冬 とあります。

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前18日間をさします。

その18日間の中で十二支が丑の日を土用の丑の日 と呼んでいます。



スポンサーリンク



土用の丑の日は何でうなぎを食べるの?


そもそも 昔から、丑の日にちなんで「う」のつくものを食べるという風習がありました。

そこに乗っかったのが鰻屋というわけです。

うのつくものウナギだ!となったのですが 、これを思いついたのは平賀源内という話があります。


平賀源内は江戸の大天才、日本のダヴィンチと言われ、エレキテルを発明した事で有名ですね。

物産展を日本で初めて開催したり、 営業までするのですから頭の中の構造はどうなっているの?と思うほど多才です。


一芸に秀でるという言葉はこの人には当てはまりません。

夏に精がつく、夏バテに効くと鰻を食べますが、そもそも うなぎの旬は冬です。

夏にうなぎは売れないので丑の日さまさまというわけですね。

平賀源内の思うツボだったのかもしれません。


うなぎは精がつくと昔から言われ、万葉集にも夏痩せにうなぎを食べるようすすめたと言われているほど古くから食べられていました。

元々は白焼きなシンプルなものでしたが、江戸中頃から酒やみりん・醤油などの調味料が普及して今の蒲焼になりました。


でも今のように割いて食べるのではなく、丸のまま串に差して焼くというワイルドなものだったようです。

土用の丑の日 画像











うなぎは関東と関西、開き方が違うのはなぜ?


江戸は 侍が多いので腹を切る、つまり切腹を意味し腹開きは嫌われ、関西は商売人の文化なので、腹を割って話すという意味で腹開きになったとか。

また、腹びらきの方がさばくのが難しく 江戸の人はできなかったとか、江戸では調理人の数が足りなかったので、てばやく効率よくできる背開きの方法を選んだとかいろいろな説があります。


そして、作り方も違ってきます。

関東は、一般的に蒸して柔らかくしたものに味をつけますが、関西は焼いたものに味をつけます。

まむしという言葉を聞いたことがありますか?


うなぎをご飯に乗せてその上にまたご飯をのせる。

つまり 温かいご飯で間に乗せたうなぎを蒸すわけです。


まむしの語源はここからきています。

でも関東 関西といっても広いですね。

どこを境に分かれているんでしょう。

浜松あたりと言われていますが、今はあまりこだわりはなく、その店なりのこだわりで作り方を決めているようです。



土用の丑の日-ウナギ以外の定番食は?


元々土用の丑の日は、うのつくものを食べる習慣があると書きましたが、他にはどんなものを食べるでしょう。


よく言われるのは土用餅

公家の間でもち米で作った餅で、味噌汁を作り食べたものが変化して今の形になったと言われています。

関西や北陸地方では今もこの風習がのこっています。


他にはうどん、うり、う・・しじみ?

しじみは、うはつきませんが土用しじみと言って、旬のしじみは元々食べていた習慣から今も食べられています。



しかしなんといっても 美味しい鰻に舌鼓をうちたいところですが、国際自然保護連盟が絶滅のおそれのあるレッドリストに
日本うなぎを加えました。

ニホンウナギは99%養殖ですが、卵を孵化させる完全養殖はまだまだ数が少ないです。


超高級品になって私たちの食卓にのぼらなくなるような悲しいことが起こらないよう、これからの養殖技術に大いに期待したいですね。




【おすすめ記事】
2015年おすすめ流星群の時期と極大日-観測方法は?
タイヤの保管方法と取り換え時期!冬と夏の交換のタイミングは?
夏みかん丸漬けの作り方に人気の秘密が!限定生産で取り寄せ困難に!





スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。