ニュースチャンプルー

タイヤの保管方法と取り換え時期!冬と夏の交換のタイミングは?

Pocket
LINEで送る



替えないといけないとわかっているものの、めんどくさい。

そんな理由で古いタイヤのままにしていませんか?


季節に合ったタイヤにしておかないと事故の危険も。

とはいえ、いつ替えるのがベストなのでしょうか?


タイヤ交換にまつわる情報を紹介します。


スポンサーリンク




履き替え、付け替えにかかる費用は?


古いタイヤを新しいものに交換する交換は5,000円前後、夏タイヤ・冬タイヤの付け替えは2~3,000円くらいです。

何度も交換をお願いすることになるとそれだけで大きな出費になってしまいますね。

適切な時期に交換することで、なるべく回数を少なくしましょう。



冬タイヤから夏タイヤ、いつ替えるべき?


気温の低い時期に効果を発揮する冬タイヤ。

その交換のタイミングは、地域にもよりますが雪の心配もなくなってきた3月下旬から4月上旬位が一般的です。

気温は7度を境に変えることを目安にしましょう。


これは夏タイヤから冬タイヤにする場合も同様です。



タイヤの寿命ってどれくらい?


タイヤの交換は5~7年位が目安と言われていますが、具体的にどうなるとタイヤ交換が必要になるのでしょうか。


まずは溝の減り

タイヤの溝が1.6mmになると「スリップサイン」が現れます。

溝がそれ以下のタイヤで公道を走行することは法令で禁止されています。

新品のタイヤは溝が8mm。

約5,000kmの走行で溝が1mm減ると言われています。

また、減っていなくともタイヤは経年劣化していきます。


4年ほど経つと、初めは柔らかかったゴムが硬化してしまいます。

ひび割れや傷が現れてきたら要注意。


あまり走っていなくとも、買い替えは5年を目安に行いましょう。



タイヤ保管の注意点


少しでも長持ちさせるために、タイヤの保管方法に気を配ることも大切!

下記のポイントに注意しましょう。

雨の当たるところ、湿気の高いところに置かない!

湿度・水分はゴムの劣化速度が速まります。
屋根のない屋外は避けましょう。


直射日光・高温になる場所は避ける!

これもゴムの変質を招く要因。ひび割れの原因になります。
カバーなどをかけ、涼しい場所に置くようにしましょう。


変形を防ぐ!

ホイールに組んだままで保管する、平らなところで保管する、空気圧を下げるなどしてタイヤに圧力がかからないように。

安くはないタイヤ、正しい保管法で長持ちさせましょう!



タイヤ保管サービスを利用してみよう!


そうはいっても、いい場所がない。

そんな悩みを持つ方にお勧めしたいのがタイヤ保管サービス

多くの業者がこの預かりサービスを行っています。

期間は1年が一般的。

値段は2万円前後ですが、含まれるサービスは異なるので比較して自分に合ったサービスを選びましょう。


☆大阪トヨタ
期間:1年(基本契約は4月始期)
金額:18,514円(4月からの契約の場合、外径730mmまで)
概要:回収・配送は2回まで。脱着の料金は別途要。

☆オートサービス モリヤマ
期間:1年
金額:20,000円(13~17インチの場合)
概要:盗難保険、年間2回の付け替え無料サービス付き。

☆神奈川スバル
期間:1年
金額:17,280円(15/16インチの場合)
概要:2集荷+2配送のサービス込。付け替えサービスは15%オフで利用可能




スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。