ニュースチャンプルー

乾燥機で服が縮んでしまった時の対処法は?原因と対策も!

Pocket
LINEで送る

乾燥機に入れたら、お気に入りの服が縮んで悲しい思いをしたことはありませんか?


来年も再来年も着られるようにお勉強しましよう。



スポンサーリンク



縮みやすい服ってどんなの?


服には洗濯絵表示というタグが付いています。

服の内側や首の所にあるビロビロとしたものです。


あれは私達消費者に対して適切な洗い方、乾燥方法、干し方等が書かれています。

今までは知らずにデザインで買っていた方も、これからは少し気にしてみましょう。


ただ、そのタグもメーカー側が責任を回避するため、安全策をかいている場合もあります。

某外国製有名ブランドなども見た目ワイシャツなのに、水洗い×になっています。

これはなぜでしょうか?

実は、お金持ちをターゲットにしているので、服はさほど手入れしないで1シーズンで着つぶしてもらうためだそうです。

消費者の事を考えてない手口なので騙されないようにしましょう。


まあそれはさておき、タンブル乾燥というものをご存知でしょうか?

タンブル乾燥とは「回転と熱や風によって短時間で乾燥させる」ものです。

回転と摩擦を与え、たたき、熱と風で水分と飛ばします。

確かに乾燥スピードは早いですが、その分服にダメージも大きくなります。

ビーズやスパンコールなど飾りがついているデリケートなものは避けたほうが無難です。


また、縮みやすい素材の例として綿、麻、シルクなどがあげられます。

逆にポリエステルは比較的丈夫で縮みにくいです。

しかし、丈夫といってもガンガン回してはいけません。



服が縮みやすい状態は?


そもそも服はどの状態の時に縮むのでしょう?


それは、乾燥機を使った時の乾ききる前です。

だから、まだ少し湿っている状態の時に出してあとは吊るして残った水分をとるのがベストです。



縮んでしまった時の対処法は?


頑張っても、もし縮んでしまったら?

諦めないで下さい。

もとに戻せる方法があります。

あわててクリーニング店に持ち込んでも、少々伸ばすことは可能ですが、完全にもとには戻らないですと言われるのがオチです。


何といっても元のサイズが分からないわけですから、やはり着た人のフィット感で計るしかないです。

簡単な方法ですので、試してみて下さい。


まず準備するものは服をつける容器とトリートメント、アイロンこれだけです。

注意するのはトリートメントに「ジメチコン」が入っているものを選ぶこと。

ジメチコンはシリコンオイルのことで繊維と繊維の隙間に入り込み油のコーティング膜を作ります。

だから今いろいろ出ているノンシリコンのものは使ってもダメです。


では手順を確認して早速やってみましょう!

・容器にぬるま湯を服がつかる位の量を入れ、そこにトリートメントをたっぷり入れ混ぜます。
・服を入れて軽く揉むようにして30分程度漬け込みます。
・30分経ったらすすぎ、平らな台の上で元の大きさにひっぱり形を整えます。
 特に縮みの気になるところはアイロンのスチームをかけて伸ばします。
・形ができたらそのまま陰干しします。



お気に入りの服が縮んでしまったけれど捨てるに捨てられない

そんな服がクローゼットに眠っていたらぜひチャレンジして下さいね



【おすすめ記事】
脂肪冷凍ダイエットの特徴や効果-危険性はある?気になる料金相場は?
夏みかん丸漬けの作り方に人気の秘密が!限定生産で取り寄せ困難に!
インナードライ肌の改善方法はスキンケアの成分と時間が重要!
日本人の肌質とは?改善アイテムや自分の肌質の調べ方!



スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。