ニュースチャンプルー

隅田川花火大会の歴史と特徴!観覧おすすめのホテルとレストランは?

Pocket
LINEで送る



毎年テレビ中継されるほど人気の隅田川花火大会


基本情報とおすすめ観覧スポットをチェックして、この夏の素敵な思い出を作りましょう。



スポンサーリンク




隅田川花火大会の基本情報


開催日: 2015年7月25日(土)小雨決行
荒天時翌26日に延期 
開催時間:19:00~20:30
開催場所:第一会場 桜橋下流~言問橋上流
     第二会場 駒形橋下流~厩橋上流
打上玉数:第一会場 約11000発
     第二会場 約11500発
アクセス:第一会場 東京メトロ銀座線、東武スカイツリーライン浅草駅 徒歩10分
     第二会場 都営地下鉄大江戸線・浅草線 蔵前駅 徒歩5分
          東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩8分
          JR総武線 浅草橋駅 徒歩12分
予想来場者数:95万人
                 


隅田川花火大会の歴史


もともと「両国の川開き」として昭和36年まで行われていましたが、交通事情で中止に。

昭和53年「隅田川花火大会」として復活し多くの方にみていただきたいと会場が2つになりました。

江戸時代から続く日本最古の花火大会です。

8代将軍吉宗が大飢饉の犠牲者への慰霊と悪病退散を祈りこの時に花火を打ち上げたことが由来とされています。

花火ってそんな意味があったんですね。

ところで花火のいろんな色はどうして出るかみなさん知っていますか?

いわゆる炎色反応ですが、同じ配合でも作る人によって色が違うそうです。

不思議ですね。お料理でいう愛情をプラスという事?

また、星が途中で色を変えるのは日本特有の技術らしいです。


歴史ある花火大会なだけあって、この大会では第一会場で花火コンクールが開催されます。

花火コンクールは両国花火ゆかりの業者7社と国内の代表的な花火大会において優秀な成績をおさめた業者3社の計10社で力作を競い合います。

これを見るのも楽しみの一つです。


隅田川花火大会2014



有料席とおすすめ穴場スポット


まず有料席をご紹介します。

墨田区側両国親水テラス 1口6000円  (1口1人)
台東リバーサイドスポーツセンター野球場 1口7500円 (1口5人以内招待)
台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場 1口7500円(1口5人以内招待)


抽選なので倍率はかなり高いです。


次に穴場スポットをご紹介。

ホテルで観覧

ホテルサンルート浅草
第一ホテル両国
浅草ビューホテル
東武ホテルレバント東京


こちらは部屋から見れるので当然、混雑などを気にせずゆっくり観覧できます。


レストランで見たい方は、こちらがおすすめ。

アサヒビールタワー
東天紅上野本町
ブルークレール精養軒



シート利用の方

水戸街道(両会場の花火が見えます)
銅像掘公園
東白髭公園
汐入公園
タワーホール船掘展望塔
浅草寺
東京スカイツリー展望デッキ
コモディイイ東向島屋上駐車場



春日通りや江戸通りも18時~歩行者天国になりますが、それを待って場所取りするなんて裏技もあります。


テレビ中継もされるほど人気の花火大会


いい場所を確保して、楽しい思い出に残る花火大会を楽しみましょう。





スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。