ニュースチャンプルー

飲む日焼け止めの効果とオススメの日焼け・紫外線対策とは?

Pocket
LINEで送る



年中出ている紫外線

油断していると、シミや肌の老化は勿論、目や皮膚の病気、また熱中症になる可能性があります。


紫外線の怖さや、オススメ日焼け用品、対策等を纏めましたので参考にして頂ければと思います。



スポンサーリンク




日焼けの怖さ


日焼け=紫外線ですが、紫外線の影響で白内障が発症しやすくなったり皮膚炎を起こし、そこから皮膚がんになる事もあります。

また、肌が老化(たるみや皺)の原因にもなる事は勿論ですが、熱中症になる可能性もあるんです。


また、紫外線の影響の代表格と言えばシミですが、皮膚にあるバリア機能が、紫外線から肌を守る為にメラニンという成分を作ります。

このメラニンにより、肌がくすんだり、シミとなります。


そして紫外線の影響を受け続け蓄積されていくと、シミやくすみが濃くなっていきます。


女性の敵と言える紫外線は年中ありますが、4月から紫外線の威力は強くなり5月には一番強い時期とされる7月や8月と大差がない程になります。

9月頃から落ち着くと言えど、それでも4月並にあるんです。

そして紫外線が最も強くなる時間帯が朝の10時~14時の間とされており、その時間帯に一日の紫外線の約60%が降り注ぎます。


その為、この時期や時間帯は要注意と言えます。



日焼け止めの塗るタイプと飲むタイプ


塗るタイプは、適量(500円玉位の大きさ)を手に取り顔にムラ無く塗りますが、汗や時間が経つ事で効果がなくなる事から塗りなおす手間がかかります。

使用後も洗顔やクレジングで落とす必要があります。


飲むタイプは、外出する30分前に1粒飲むだけです。

これだけで効果があるの?日焼け止めを飲んで人体に影響は?と思われますが、こちらに使われている成分はPLエキスと言って、悪性の腫瘍治療用に使われてきた植物の為、人体に影響はありません。


PLエキスが紫外線からのダメージを防ぎシミや皺の予防、肌の損傷も改善する効果がある事から、飲む日焼け止めとされています。

飲む日焼け止めの日本製「ノーブ」が発売で話題に!効果や副作用は?


日焼け止めの効果と時間


日焼け止めには、SPFやPAと表記がありますが、紫外線にはA派とB派があり、A派が主に皺やたるみの原因となります。


こちらを防いでくれるのがPAですが+表記が多いほど効果が高いです。

現在では「++++」が最大とされています。


B派は主にシミやそばかす、肌のくすみ等の原因となるものですが、B派で肌が影響を受け始めるまでが約15~20分かかるとされています。

SPFの数字は、数字の倍数分だけ影響を受ける時間を遅らせる事を現しています。

時間はあくまでも目安であり、その時の状況等で効果時間は変化する為、2~3時間置きに塗りなおすのが効果的と言えます。



オススメまたは人気の日焼け対策は?


ストールではリネン素材が人気です。

また、羽織物でしたらUV加工のカジュアルパーカーが注目されています。

日差しを遮りつつオシャレに見せれるつば広帽子や定番の日傘には柄の入った物が人気のようです。


ストールや日傘にしても花柄から動物柄など様々な種類がありますのでオシャレを楽しむ感覚で日焼け対策が出来るのが嬉しいですね。


老化だけでなく病気も引き起こす可能性のある紫外線。

しっかり対策をして夏を乗り切りましょう。




スポンサーリンク




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。