ニュースチャンプルー

カビの効果的な取り方は?発生条件と人体への害を知って対策を!

Pocket
LINEで送る



ついついサボりがちな水回りの掃除。

久しぶりに排水溝の掃除をしようとすると、カビで真っ黒…。

そんな経験ありませんか?

掃除も憂鬱になってしまいますよね。

そんなカビの対策について調べてみました。



スポンサーリンク



カビの発生する条件



カビが発生するには「湿度」「温度」「栄養源」の3つの条件があります。

そして、この3つの条件がそろいやすいのは「キッチン」と「浴室」。

水回りで湿度が高く、食品や体の垢などの栄養源が豊富な環境です。


また、エアコンの内部や畳、押し入れなどもカビが発生しやすい場所。

なんと、食品だけでなく繊維やホコリもカビの栄養になってしまうので、部屋の中で汚れている場所があればそれがそのまま栄養源になってしまいます。

換気とこまめな掃除を習慣づけたいですね。


また、湿気取りや防カビ剤なども多く市販されています。

スプレータイプのものもあるので、こちらも利用してカビの発生しにくい環境を作りましょう。



カビを放っておくと



生えているのを見るだけで嫌な気分になるカビですが、人体に影響を及ぼすことも…。


空中に浮遊するカビの胞子を吸い込んでしまうことでアレルギーの原因になったり、肺炎を起こしてしまうことも。

特に赤ちゃんはアレルゲンの影響を受けやすいので、赤ちゃんのいるお家は特に気を付けたいところ。

また、家の中を裸足で歩きまわる場合は水虫になる可能性もありますが、24時間以内に石鹸で落とせば大丈夫です。


気持ち悪いだけでなく害を及ぼす可能性もあるカビ

ますます対策が必要です。



カビが生えてしまったら…



原因がわかっていても、カビが全く発生しない環境にするのは難しいもの。


もし発生してしまったら取り除くことが大切。

効果的なのは「塩素系カビ取り剤」ですが、ただふきかけてこすって流せばいいというものではありません。


汚れが残っている状態でカビ取り剤をふきかけてもカビに密着しにくく、効果が十分発揮できないので、あらかじめ元の汚れをしっかり落としておきましょう。

カビ取りをしたい場所が濡れている場合も効果を発揮しきれません


水分はふき取ってから、乾いている状態でふきかけるようにします。

量は薄くつける程度でOK。

すぐにこすらず、カビに働くのを待ちます。

目安は30分程度です。


カビは目に見えない部分にも根を張っています。

防カビ剤をしっかり浸透させ、根から取り除くことを意識しましょう。



スポンサーリンク





Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。