ニュースチャンプルー

インナードライ肌の改善方法はスキンケアの成分と時間が重要!

Pocket
LINEで送る



いくら対策してもテカリがなくならない・・・

それ、実は「インナードライ肌」かも。

インナードライ肌とは、表面は脂っぽいのに中は乾燥している肌を言います。


表面が脂っぽいので脂性の肌の対策をしがちですが、それでは良くならないんですね。

なんと、8割の女性がこのインナードライ肌だといわれています。

そんなインナードライ肌原因と対策を紹介します。



スポンサーリンク



どうしてインナードライ肌になるの?



お肌の水分量が少なくなると、これ以上水分が蒸発しないように保護しようとお肌が皮脂を分泌してふたをします。

これが「インナードライ肌」の仕組み。

洗った後はかさつくのに時間を置くと肌が脂っぽくなる、キメが粗く毛穴が目立つ、化粧ノリが悪い、肌が安定しないなどの症状があるとこのインナードライ肌の疑いがあります。


乾燥によって起こる現象なので、普段から乾燥しやすい環境にいる、強い紫外線を浴びることなどが原因になります。

また、肌がオイリーだからとハードな洗顔をしたり脂取り紙などでせっせと脂をとってしまうと、お肌はさらに脂を分泌してしまうのです。


天気が良くなり暖かくなってくる春先、空調が利いた空間にいることが多くなる夏など、肌が乾燥しやすい時期。

ケアには特に注意が必要です。


乾燥肌、敏感肌対策に。インナードライ対策の決定版!トゥヴェール楽天★ナノエマルジョン



インナードライ肌を治すには?



脂を取ろうとごしごし洗うと逆効果。

インナードライ肌を治すには、洗顔料を洗浄力が弱く刺激が少ないものに変えましょう

化粧品もアルコールフリーのものを選ぶなど刺激の少ないものを

また、中が乾燥していることが原因のため洗顔後のスキンケアはしっかりと!


洗顔後時間を置くとさらに肌が乾燥してしまうので、スキンケアまでの時間を縮めることも大切です。

そして、化粧水の選び方も重要です。


セラミドやヒアルロン酸の入った保水力のあるものを選びましょう。


ただし、ヒアルロン酸は皮膜性が高いので、インナードライ肌のように皮脂が多い肌だと白ニキビができやすくなります。

そのまま赤ニキビに発展しやすくなるため、ヒアルロン酸を主体とした保湿化粧品は避けるべきです。


セラミド主体のものであればヒアルロン酸が入っていても問題ありません

セラミド主体のものを選びましょう。



スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。