ニュースチャンプルー

男性を魅了するおフェロ顔とは?誰でも簡単にできるメイク法を紹介!

Pocket
LINEで送る



女性向け雑誌「Ray」「ar」で活躍しているモデルの森絵梨佳

彼女の顔が若い女性の間で「エロい!」、「色気がある!」と話題になっているようだ。

そして、その顔をマネするため話題になっているのが「おフェロ顔メイク」である。

これは、おしゃれでフェロモンたっぷりの顔に見せるメイク法で、最近では参考にする女性が急増しているという。


スポンサーリンク



ここでは、そんなおフェロ顔メイクの作り方を紹介する。


森絵梨佳



【ベースメイク】


おフェロ顔は湯上りのようなお肌が特徴。

そのためマットなベースメイクは施さない。

気になるところだけコンシーラーで隠して、あとはフェイスパウダーなどを軽くつければオッケーだ。

そして、チークは赤色がおすすめ。

お風呂から上がったばかりのほてりを演出することができる。

いつも入れている場所より少し上か少し真ん中に寄せて入れると色気がアップするだろう。




【アイメイク】


ナチュラルだけど色気があるのがおフェロメイクの魅力。

そのためアイメイクは濃くない方がいい。

つけまつげなどは付けず、ビューラーも使わない。

そのままの自まつげにマスカラだけで十分だ。

マスカラの色も、茶色にするとより、色気が出る。

アイシャドーはブラウンやピンクから赤系の色を使うと良い。

ただし、使うアイシャドーは1色だけ。

指でアイシャドーをまぶたに乗せ、にじませていって自然なグラデーションをつくる

チップでアイシャドーをとって、目の下の目尻から黒目のところまでつけると、いっそうおフェロ顔に。

眉毛は目と並行を意識して、薄く太くがおすすめだ。

髪の色と合わせて適宜、眉マスカラも使うといいだろう。




【リップ】


リップも赤系の色がおすすめだ。

中心に点々と色を置く感じで口紅を塗っていく。

あとはそれを指で横方向に伸ばす。

その後、透明のグロスを唇の中心につけて完了だ。



スポンサーリンク



このようにおフェロ顔のメイクは、自身でも簡単に行う事ができるのも魅力の一つ。

現在では、雑誌「ar」を中心に人気となっているようだ。

同雑誌ではこのようなメイクをしてモテる女性のことを「雌ガール」と呼んでいる。


このメイクを試して世の男性を魅了する雌ガールになってみてはいかがだろうか。




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。