ニュースチャンプルー

多岐川華子と元旦那、仁科克其との本当の離婚理由とは?

Pocket
LINEで送る



ご両親共に芸能界で活躍され、サラブレットとしても有名な多岐川華子

母親譲りの清楚な顔立ちから、自身も女優やモデルとして活躍中だ。


スポンサーリンク



プロフィール

多岐川華子

多岐川華子 画像









本名:大内華子
生年月日:1988年9月16日
出身:神奈川県
血液型:A型
所属:サンミュージックブレーン



多岐川華子の経歴と離婚理由について


多岐川華子こと本名、大内華子は、父に阿知波信介(あちは しんすけ)、母に多岐川裕美(たきがわ ゆみ)の間に生まれサラブレットである事はご存知の方も多いだろう。

15歳から芸能界デビューした多岐川華子は、今年で11年目を迎えるが、両親が芸能人だった為か小さい頃から芸能人になる事が夢だったようだ。

そんな多岐川華子だが、同じくサラブレットでもある俳優の仁科克其(俳優・松方弘樹さん(まつかた ひろき)と女優・仁科亜希子(にしな あきこ)の長男)と結婚された事は当時大きな話題となった。

サラブレット同士の結婚という事で、注目を集めたが、その幕切れはあっけなく多岐川華子の「離婚したい」というメール内容で、2012年10月22日婚約から僅か2年という早さで離婚した。

2013年3月に大物お笑いタレントの志村けんの番組「志村けんの激ウマ列島」で、志村けんと共演し志村ファミリーへと加入した。

また同番組内で歴代の腰元として活躍していたのが原幹恵手島優、尾崎ナナだ。
多岐川華子は、今後も再婚は考えていないという。


サラブレット同士である仁科克其多岐川華子
二人はどうして離婚に至ったのだろうか。

僅か2年という結婚生活。

結婚以来、互いに仕事が忙しくすれ違う生活にそれまでお互いガマンしていた不満がぶつかりあい、元々性格の不一致を感じていた事で更に夫婦生活がぎくしゃくし、多岐川華子が家を出る形で別居される事となったとされている。


しかし、実際の離婚理由は大きく違うようだ。

まず1つに、夫である仁科克其の束縛が非常にキツく、女友達や仁科克其の実妹に会っている時ですら1時間に1回は電話が鳴るということ。

次に大きな原因となったのが、双方の浮気だ。

仁科克其だけではなく、多岐川華子もしていたようだ。

そして最後が仁科克其の仕事が少ない時でも外出しては豪遊するのを繰り返す等、“おぼっちゃま”気質が抜けずにいた事だった。


それらの理由が積み重なり、二人は離婚に発展したようだ。


どちらかが原因を一方的に作ったとは言えないこの離婚理由。

もしかしたらサラブレッド同士の結婚は、あまりうまくいかないのかもしれない。



スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。