ニュースチャンプルー

真木よう子は意外に驚異のカップ!不倫騒動でも旦那と別れない理由は子供か?

Pocket
LINEで送る



クールで知的なイメージがある女優の真木よう子

そのはスレンダーな体からは想像も出来ないが、Gカップという驚異のバストを持っており、一児のママでもあるという。

2015年フジテレビのドラマ「問題のあるレストラン」に主演し、ドラマのみならず多数のCMと幅広く活躍しているが、そんな真木よう子が過去に不倫という話題で注目を浴びた事があった。


スポンサーリンク



プロフィール

真木よう子
真木よう子1










生年月日:1982年10月15日
出身:千葉県
血液型:A型
所属:フライングボックス

真木よう子は、兄と2人の弟に囲まれ4人兄弟の中で唯一の女の子として育った。
身体を動かすのが得意で自身の特技の1つとして挙げている中にワイヤーアクションがあるが「Do Androids Dream of Electric Santa」というショートムービーで、その技を披露している。


芸能界へのきっかけ


真木よう子が芸能界に入ったきっかけは、同世代である女優の安達祐実が出演していたドラマだという。

中学3年生の時に俳優養成所である「無名塾」へと入団した。

その際、父親から猛反対されたようだが「反対するなら援助交際してやる!」と脅した事で、許しを得られたという驚きのエピソードがある。

2001年にNHKドラマ「茂七の事件簿ふしぎ草紙」で、念願の女優デビューを果たしている。

当時大きな役には恵まれなかったものの恒常的にドラマや映画等に出演し、2006年の映画「ゆれる」に出演した際には、その時の演技が評価され、自身初の賞となる山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞した。

これを期に多数のドラマや映画CMにまで出演し、2013年には自身初となる主演映画「さよなら渓谷」での演技が高く評価され
日本アカデミー賞、最優秀主演女優賞を受賞した。

またその他にも数多くの映画賞を受賞され一流女優としての地位を得ている。


旦那や子供は?

そんな真木よう子の私生活は、2008年の10月10日に夫となる片山怜雄(かたやま れお)結婚している。

当時の真木よう子は、まだ女優として売れ始めたばかりだった為、周囲の猛反対を受けていたのだが、自分の両親が離婚していたから温かい家庭に憧れていたという理由で反対を押し切り結婚したようだ。

ご主人の片山さんは、真木よう子と同じ年で1982年4月1日生まれだそうだ。

過去に芸能事務所に所属し俳優をしていた経験があり、現在は小説家を目指していいるという。

また、2009年の5月10日には二人にとって第一子となる女児が誕生している。


不倫で世間を騒がす


公私共に順調に見えていた真木よう子だが、2012年の6月に俳優である長塚圭史(ながつか けいし)との不倫デートを週刊誌に掲載され話題となった。

真木よう子自身の不倫との事で注目となったこの話題だが、お相手となる長塚圭史の奥様が女優の常盤貴子(ときわ たかこ)だった事で更に注目を浴び、連日メディアで大きく報道される事となった。

この報道により、真木よう子夫妻が離婚するのではないかと囁かれていたが、二人にはまだ幼い子供がいた為、また真木よう子のイメージに響く事等の理由から、子供が成人するまで離婚しないのでないかと言われている。

実際の所分からないが、夫婦での話し合いの末もう一度やり直そうという結論に至ったから離婚を見送ったのではないかと考えられる。

これからも女優としての活躍が期待されている真木よう子だけに、このようなスキャンダルは世間には敏感かもしれない。

是非、温かい家庭を築きながら今後も役者としての活躍していくことに期待だ。



スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。